緑黄色社会 (Ryokuoushoku Shakai) - ​​sabotage -acoustic ver- Lyrics
  • #
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • Send a Lyrics

    ​​sabotage -acoustic ver-

    [緑黄色社会「sabotage -acoustic ver-」歌詞]

    せーので駆け出したはずなのに どうして
    まるで私だけがサボタージュ
    YES か NO の間でなんとなく生きて
    まとわりついた悪いクセ

    そんなはずはない
    だって集めてきた 好きなモノやヒト
    あれ なんだったっけ

    なんだか今なら
    愛されるより愛したいとさえ思う
    まだ間に合うかな
    私このまま消えちゃわないように刻むの

    いつもは似たもの同士なのに どうして
    どうせ私だけがサボタージュ
    一度や二度の過ちがなんだ
    数えりゃ one, two, three, four, and five, six, seven, eight

    ならばここからだって奮い立てよ
    好きなモノやヒト
    集めて行け

    追い越されながら
    見つけたのは自分らしさの欠片
    まだ間に合うかな
    私このまま消えちゃわないように刻むの

    何も出来なくたって持ってなくたって
    追いかけてる今が楽しいんだって思えたの
    きっと浮かれている
    だけど輝いている
    ああ生きている

    なんだか今なら
    愛されるより愛したいとさえ思う
    まだ間に合うかな
    私このまま消えちゃいたくない
    これが私だと
    少しだけなら
    今は胸を張って言えるの

      Comments

    There is no comment.
    Leave a Comment
    *Your comment will be published after approval.